30 MarDIYで寝室のリフォーム その1:板剥がしと石膏ボード貼り(南壁)

3月29日、土曜日。
我が家では、冬の間は薪ストーブのある1階の居間で寝て、暖かくなると2階に寝室を移します。
2階には一間しかないのですが、間仕切りで半分に区切ってあって奥にクリスの仕事部屋、手前にベッドを置くこのスペース ↓

P1090188
推定築100年ほどの元「蔵」なので外壁は土壁ですが、内側には木の板が貼ってあります。ただ、問題はその木の板と板の間に数ミリの隙間があり、暖かくなるとそこからムカデなどの虫が侵入してくるのです(汗)。そこでやむを得ず、ガムテープなどで応急処置。 夜、うとうとし始めると「カシャカシャ…」と音がし始め、ムカデがガムテープを突き破って入り込むことも時折あって、その図はまさに新しいホラー映画ばりの恐ろしさ。

P1090169
早い話が安心して眠れない環境なのですが、「ずっと住む家じゃないから…」と応急処置だけしてなかなかリフォームには至りませんでした。 でもそうこうしているうちに3年も経ってしまい、「もういい加減この繰り返しは嫌だな…」ということで今年はベッドを2階に移動する前に「窓側の壁(枕側)だけでもリフォームしない?」と提案。すると、クリスも「うーん、そうだね。よし、やろっか!」 そこで突然始まった 2階の壁のリフォーム。

畳を外すと間仕切の下に1cmほどの空間があったので、板を貼って隙間を埋めました。 P1090190
P1090201 そして木の板を剥がす。P1090191 P1090193 空洞には部分的に断熱材が入っていたり、いなかったり。 P1090196 1窓の上部分も剥がす。P1090195古いだけに、土壁にひびが入っていました。 P1090202
そして、覚悟はしていたものの恐ろしい光景が…窓のすぐ上の出っ張り部分に飴の包紙 ↓ 恐らく、かつてこの家に住んでいた人の飴をネズミが盗んでここで食べていたと思われます^^; 自然の中で暮らすということは生き物との共存。大抵のことには慣れてきた私も、さすがにこれには衝撃!

P1090198
長年の汚れを一通りお掃除し、次なる作業は壁表面に石膏ボードを貼り。でもその前に石膏ボードの周りを囲う木の枠組み作りです。クリスがテキパキと木を切ってはビスで打ち込んでいきます。 P1090206
P1090215 窓周りはこんな感じに。P1090213
石膏ボードを木の枠に合わせてカット。
ちなみに今回使うのは壁材に適している厚さ12.5mmの石膏ボード。
ホームセンターでは1枚450円ぐらいで買えますがネットでも500円以内のお手頃な建材です。お勧めのお店はこちら

石膏ボードを切る際に発生する粉を吸い込むと良くないので防塵マスクつけてます。P1090216
とりあえず、窓の下に石膏ボードを貼ったところで、ついでに隣の壁もやることに。 P1090217 もちろん、私もバリバリ作業します。 P1090208 階段のすぐ上なので、床がない状態での作業。命がけのDIYですわ。 P1090204 高い所が苦手なクリスもよくがんばってます。P1090222 そして、壁全面に石膏ボードを貼る作業も終わり、クリスがホッと一息。 P1090224 一日の作業でこうなりました!(写真の角度がちょっと違うけど…)
Before ↓P1090177After ↓P1090225

いやぁ~、一日でここまでできるとはスゴい! 壁の色が明るくなったおかげでだいぶ印象が変わりました。
ビスを打ち込んでできた凹んだ箇所や木の枠との隙間を埋めるためにパテを塗り、さらにその上からペンキを塗れば完成!

続きはこちら→ 

 

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.