28 MayDIYで押入れのリフォーム その7:棚づくり

5月27日、火曜日。

を終え、クリスは棚づくりに取りかかりました。

まずはしっかりとサイズを測って木材を切り、フィッティング ↓

P1100100
さすがは推定築100年の蔵…。全ての柱、壁、そして床までもが歪んでいます。
そのため、水平器でしっかりと確認しながら、柱を打ち付けていきます ↓

P1100101
デザインは話し合って決めたけれど、工程は一切クリスにお任せ。
私はクリスのアシスタントとなってお手伝いしました。
「エリ、ここでこれ持ってて…」と振り返るクリス ↓
P1100103
水平を測りながら、慎重に進めていくので、シンプルな構造でもだいぶ時間がかかりました ↓
P1100104
こうしてようやく一番下の棚の土台完成 ↓
P1100106
横に渡した木の棒の上に板を敷くと… ↓
P1100109
一段目の棚ができあがり! ↓
P1100110
とりあえず、この日の作業はここまで。

5月28日、水曜日。
日付けが変わり、引き続き棚作り。
の際、床板にも使った表面は桧(ひのき)、中は杉の耐水ベニヤ板を縦に真っ二つに切ったものを棚板として使います ↓

P1100114
2段目から上は同じ高さで棚を設けていくので、当て木をして横に渡す木材との距離を同じにし…

P1100117ビスで縦の枠組みに打ち込む ↓P1100116すぐに2段目の棚板を置く土台ができました ↓

P1100119

こうして作業を続けて20分もしない内に、土台完成 ↓

P1100120
ここでちょっと脱線し、押入れの横に貼ってあった板はあちこち穴が空いていたので、剥がすことにしました ↓

P1100122剥がしてみると、床には穴が空いていて床下まで貫通 ↓
P1100124
P1100127
こうして、木の板で穴を埋めました ↓
ここにニスを塗って、さらに隙間を埋めるためにコーキングするのは私が担当。
P1100130
ここまでの作業で押入れの全体像 ↓
P1100125
棚板の長さがわずかに足りず、無駄なスペースがあります ↓
P1100133
そのスペースがもったいないので、余っているコンパネを切って継ぎ足しました ↓
P1100134
こうしていよいよ、棚が完成!
P1100135
いや~かなりの長期戦で、いつ終わるのか途方にくれたりもしたけれどその甲斐はあった!
これでようやく本来押入れに収納していた食糧や生活用品を収めることができます(この1ヶ月半ほどは居間に置いていました)。

続きはこちら → 

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.