29 MayDIYで押入れのリフォーム その8:Before&After写真で経過報告

5月29日、木曜日。

 を終え、押入れのリフォームの大掛かりな作業が終わりました。
まだ完成ではないのですが、4/13のリフォーム開始前の状態と今現在の姿をBefore/Afterで振り返ります。
寝室のリフォームは2週間で一気にやってしまいましたが、押入れはひと月半と、比較的長期にわたっての作業だったので、ようやくここまで来て感激\(^o^)/

まずは向かって左側。
壁には木の板が貼ってありましたが、元々の居間寝室の壁同様に隙間や穴だらけ。
そこで石膏ボードを貼り、上からました。
中段は木が腐っているような箇所があったので取り外し、床も元の床の一部を取り外して新しい床板に貼り替えました。

Before ↓
P1090448
After 1 ↓

after1selectそして、棚づくり

After 2 ↓
P1100136

右半分。上に同じプロセスですが、右手に見えるプラスチックの間仕切りスクリーンは取り外し、これから引き戸にする予定です。

Before ↓
P1090447
After ↓
P1100137

床は段差が着いていて使い辛く、上にかぶさっている木の板がカビ臭かったので取り外したところ、大掛かりな床下の湿気対策に発展。消石灰を押入れの床下全体に敷いた後、床板の貼り替え。そして表面の保護と元々の床の色に近づけるため、ニス塗り

Before ↓
P1090456
After ↓
P1100087

の際に2階の床補強のために押入れの天井につけた木の板は、他の梁や柱の色に近づけるためにニス塗り。そして2階の床がきしむので、さらなる補強用に梁の追加

Before ↓

P1090457

After ↓
P1100095

全体像。引き戸を設置する際に作り直す必要があるので、押入れ上部の壁は取りはずしました。

Before ↓
P1090445
After 1 ↓
P1100099

さらに、押入れ左手の木の板は穴がところどころ空いていて汚らしかったので、取り外しました。ここに関してもこれから何らかの対策をとる予定です。
After 2 ↓
P1100132

そして玄関から見た押入れの全体像。
実は今までは押入れに物が入りきらず、廊下にも色々と置いていました^^;
見苦しいので写真は撮っていないのですが、空っぽの状態の押入れでご容赦を…。

Before ↓
P1090444
棚を設けたことで収納スペースが増え、すっきりと収められるようになりました♪

After ↓
P1100140

今まではどんなに掃除しても清潔感に欠ける押入れでしたが、リフォームをしてとても気持ちの良い空間に生まれ変わりました♡ これで楽しく整理整頓もできます。

中段を取り外して棚を作ったことで、いわゆる押入れではなくなったので収納庫とでも呼びましょうか?

我が家にはこの収納庫以外にはこれと言った収納スペースがないため、一年分の米、味噌、梅干し、缶詰や乾物などの食糧の他、文房具、季節家電、ティッシュやトイレットペーパーなど、生活用品の一切合切をここに収める必要があります。
一目で何がどこにあるのかが分かるように敢えて棚の奥行きは45cmにして、通常の押入れの中段の奥行きより狭くしました。収納場所の奥行きがあり過ぎると、奥の物を取り出すのが大変だし、どこに何を入れたか分からなくなるのが嫌だったので…。
この手の収納スペースは日本の家ではあまり見かけませんが、アメリカやカナダではpantryというものがある家が多いです。Pantryは正式には食料貯蔵室ですが、このような棚を設けて食糧を備蓄しています。そこからヒントを得て今回のリフォームの参考にしたのですが、かなり使い勝手が良いです。

これで一応は一段落したけれど、玄関に入って、いきなりこの収納庫の中身が丸見えなのはまずいですね…^^;
追々、引き戸を設けます。

でも、その前にトイレのリフォームが差し迫っているので、いつになることやら→

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.