31 MayDIYでトイレのリフォーム その1:砂壁はがし

5月30日、金曜日。

押入れのリフォームが一段落着くや否や、次はトイレのリフォーム。
この春は寝室のリフォームに始まり、これまでにずーっと気になっていた色々な場所のリフォームをする流れになっています。
いつの間にかDIYブログになってる?というぐらいDIYリフォーム関連の投稿が多くなってますが、記録のためでもあるのでご容赦を… ^^

さて、我が家のトイレですが、かな~りヤバい状態でした。
「蔵」にはお手洗いはないので、このトイレは何十年も前、この蔵を住居として利用することになった際に増築したもの。
この地域にはまだよく見かける簡易水洗タイプで、用をたした後は横のボタンを押すと水が流れてボトンと下のタンクに落ちる、という仕組み。
P1090595
上の写真でも分かるように、砂壁がボロボロ。
引っ越してきた当初はまだ良かったのですが、ここ1年ほどはネコたちに引っかかれたために砂壁がボロボロ落ちて見るからに汚らしい状態 ↓

P1090584

うぅ…もう限界!と思いつつ、見て見ぬふり。でも、やっぱりきれいなトイレは気持ち良い…。

ということで、ようやく着手したトイレのリフォーム。
最初の作業はこの砂壁をこそぎ落とすこと。
手で触れただけでもボロボロ落ちるぐらいなので、スクレーパーを使ったらいとも簡単に剥がれました。

P1100215P1100216
四方の壁や天井をゴシゴシやることおよそ1時間半。

Before ↓
P1090588
After ↓
P1100225
砂壁を剥がすと単なるべ二ア板ですが、むき出しのべ二ア板の方がずっと見た目が良くなりました。
砂壁は古くなるとボロボロ落ちるので正直言って素材としては好きじゃありません。
一体なぜ日本の家は砂壁を利用するのか、ほんとに不思議です。

Before ↓
P1090579
After ↓
P1100222

壁紙を剥がしたところは、ちょっとラフな感じになってるけど、どうせこの上から石膏ボードを貼るので問題なし。
とりあえず、トイレのリフォームに着手できた自分を褒めたい!

実は押入れのリフォームで棚づくりをがんばったクリスは、「もうこの春のリフォームはこの辺で終わりにして、また秋に再開しようよ。どうせ梅雨に入ったら作業もできないし…」とリフォームはお休みする気満々でした。でも私は「トイレだけは一刻でも早くやっておきたい!」と、せっせと一人で始めました。やれるところまで自分でやろうと思っていたのですが…
砂壁がなくなったトイレの壁を見たクリスは「これだけでもだいぶ進歩したね。明日は午前中で仕事終わるから午後は手伝えるよ」^^ イェイ♪

「よーし、トイレのリフォームはさくっと終わらせて気持ち良く夏を迎えよう!」と張り切るのでした。

続きはこちら→ 

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.