09 JunDIYでトイレのリフォーム その5:床ウッドステイン塗り・ドアペンキ塗り

6月9日、月曜日。

で壁や窓まわりの作業が終わったので、次は床です。

床には元々リノリウムが貼ってあったのですが、汚かったのでで剥がしました ↓

P1100247
まずはテープを床から剥がして拭き掃除 ↓
当初の予定ではこの上からさらに新しく床板を貼るつもりでしたが、テープを剥がしたところ今の床板のままでも特に問題がないのでこのまま活かすことに。
P1100416
そして他の部分の木の色と合わせるためにオールドビレッジ ウッドステイン (油性) 946ml #1401 Walnut を塗りました ↓
P1100425
トイレの床なので、ウッドステインを塗った上にさらに透明の保護材
オールドビレッジ ウッドステイン (油性) 946ml #1400 Clear Paste Glazeを塗りました。
表面がテカテカして水拭きしても木に染み込まない状態になりました。

次にドアのリフォームに取りかかりました。
ちなみにドアはリフォームを始める前に作業の邪魔になるので外しておきました。
改めて見るととても昭和な感じ。
表面 ↓
P1100404
ドアノブはいずれ取り替える予定 ↓
P1100407
裏面 ↓
P1100408こっちには何か所か問題が…
まず、このかなりレトロなロック部分も取り替えることになるでしょう ↓

P1100409
裏面は元々貼ってあった化粧板を剥がしたようで、荒いベニア板が剥き出しな上、剥がした板の残骸が残っている場所も ↓
P1100412
下のベニア板を傷つけないように剥がしました ↓
P1100418
そして、こんな風に穴が空いている箇所や… ↓

P1100411
隙間が空いている場所もあったので… ↓
P1100414
パテで埋めました ↓

P1100421
P1100422
そして全体をサンディングして平らに ↓
P1100419

ドアは白いペンキを塗ることにしたので、それに先駆けてシーラーでアク止め ↓
P1100430

裏面はさらにその上から全体的にパテを塗り、荒いベニア板の隙間を埋めました。

そしてペンキ塗り。窓枠にあわせてバターミルクペイントの”Corner Cupboard Yellowish White”で塗りました。
ドアが生まれ変わりました♪ ↓
P1100436
ドアを取り付ければトイレのリフォームもほぼ完成!
今週中に来客があるため、ここ数日は急ピッチで作業を進めてきたけど、ようやくここまで来た〜 T.T

続きはこちら → 

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.