15 AprDIYで寝室のリフォーム その17:棚作り、パテ・ペンキ塗り、床磨き

4月2日、木曜日~4月15日、水曜日。

前回の報告、からちょっと時間が空いてしまいました。
南向きの窓の横、サッシと柱の間に空いている空間があったので、そこを生かしてクリスが棚を作ることに。

IMG_0001棚の枠組みができ上がり、ステインを塗る直前 ↓

IMG_0002
一方、私はひたすらパテ塗りをして隙間を埋める作業。この一年でどれだけパテ塗りをしたことか…。もはや職人級!?  ↓

IMG_0012隙間を埋めてサンディングして平らにしたら、いよいよペンキ塗り!
使ったペンキはもちろん寝室のもう半分をリフォームした際に使ったバターミルクペイントCorner Cupboard Yellowish White

Before ↓

IMG_0018
After ↓
IMG_0019
Before ↓
IMG_0016
After ↓
窓の右横はまだパテが乾いていないので、後日塗って仕上げました ↓
IMG_0021コンセントのカバーの取り付け ↓

IMG_0023

2月にで購入したバリ風の建具(鏡)を設置 ↓IMG_0026

そして、最後の作業は床掃除&磨き。

の際、ネットで色々と調べました。
「古民家の床の手入れ」でグーグルサーチし、うちにある材料でできるこの2点を試したら見違えるようにきれいになりました。
1. まずは薄めた木酢液で拭く。→木酢液はお風呂に入れると温まるというので買ってあった高純度木酢液たきびの湯 500ml【ティーライフ/木酢液/木酢液 /木酢 液/もくさく液/高純…を使いました。
2. 床が乾いたらレモンオイルを染み込ませた布で拭く。→レモンオイルはバリのチーク材の家具を購入した際に勧められて購入したワイマン レモンオイル 473mlを使いました。

養生シートを敷く前に全体的に集塵機をかけて床板の隙間にたまったゴミは大方掃除しておきました。

IMG_0030
でもすごく埃っぽいのでまずは水拭きをしてから木酢液を水で薄めた液体をスプレーしながら、水拭き ↓IMG_0031
その上からレモンオイルをたっぷりと塗って磨きました ↓
左側が上記3工程を終えた床。右側は何もしていない床。違いは歴然!
IMG_0041

まだ細かい部分での直し作業は残っているけれど、大きい作業はこれで終了!
追って、Before/Afterで全体写真をアップします♪ →

********************************

DIYリフォームについてのブログ:


DIYで居間のリフォーム その3:珪藻土塗り



















Comments are closed.